■ インチキ内職に気を付けましょう

     内職希望者の中には、種々の名目で高い金額を払わされながら、仕事をを回してもらえない、

    収入はそれほど得られないという被害に遭う例があります。

 

   ■ 具体的には次のような例があります

     (1) 内部講習会と称して多額の受講料を取り、委託した仕事については種々の条件を付けて

      買いたたいたり、仕上がり具合を問題にして買い上げを拒否する。

     (2) 相当の工賃収入が得られると宣伝し、多額の機械を市価の倍額ぐらいの価格で売りつけ、

      工賃の取り決めはあいまいである。

     (3) 宛名書き内職で、報酬は通信販売用のダイレクトメールに対する商品の申込数に応じた歩

      合制で支払われることや、返還するとしていた保証金を、業務をやめても返還しない。

 

     また、最近では、自宅で簡単にできる内職という広告で、ワープロやパソコンを高額で売りつ

    けたり、高額の講習料を取るものなどが現れています。

     誰にでもできる簡単な仕事で高収入を得られるというような「うまい話」はありえません。家内

    労働を始めるときは、工賃等委託条件を確認し、怪しい場合は消費者情報センターなどに問い

    合わせを行い、いわゆる「インチキ内職」の被害に遭わないよう十分注意しましょう。 

 

  

この記事に関するお問い合わせ先

労働基準部  賃金室 TEL : 088-652-9165

徳島労働局 〒770-0851 徳島市徳島町城内6番地6 徳島地方合同庁舎

Copyright(c)2000-2011 Tokushima Labor Bureau.All rights reserved.