あっせんの事例

事例1

普通解雇に係る事案

 

 申請人は、2年前から経理担当の事務員として勤務していたが、事業主から遅刻が多く、勤務態度が悪い、他の従業員との協調性がない等を理由に解雇された。
 申請人は、解雇理由は事実無根であり解雇は不当なものであるとして事業主に対し解雇の撤回を求めたが応じてもらえなかった。申請人は経済的・精神的損害に対する補償を求めてあっせん申請を行った。
 あっせんの結果、申請人に解決金○○万円を支払う事で合意が成立した。

あっせんの事例
事例2

いじめ・嫌がらせに係る事案

 

 申請人は、○○株式会社徳島支店に勤務していたが、上司の課長との折り合いが悪く、いじめ・嫌がらせを受けていた。
 そのため、申請人は支店長に相談して改善を求めていたが、いじめ・嫌がらせは続き、申請人は精神的に追い込まれ退職した。
 申請人は、職場内でのいじめ・嫌がらせを放置したことによって受けた精神的損害に対する補償を求めてあっせん申請を行った。
 あっせんの結果、申請人に解決金△△万円を支払う事で合意が成立した。

このページのトップに戻る

徳島労働局 〒770-0851 徳島市徳島町城内6番地6 徳島地方合同庁舎

Copyright(c)2000-2011 Tokushima Labor Bureau.All rights reserved.